読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ソフトバンク光に入ったお客様は安くなる━━ソフトバンク

ソフトバンク光に入ったお客様は安くなる━━ソフトバンク・宮内謙社長の囲みにツッコミ」「今週のリリース&ニュース」「編集後記」 この記事は有料です。 石川 温の「スマホ業界新聞」のバックナンバーをお申し込みください。 6Plusケースシャネル新しいiPhoneが登場した。今回の新モデルは「iPhone 6s」シリーズだ。 iphone6sケース型番に「s」が付く今回の新製品は、いわゆるマイナーチェンジなのでデザインは変わっていない。iPhone 5の次にiPhone 5sが登場したのと同じ流れだ。 シャネルiphone6sケース「外観が変わらないなら、次の新製品を狙うか」と思っている方も、新機能には興味津々だろう。今回は最も注目されている3D Touchの意外な注意点を紹介していこう。 Michael Kors iPhone6 plusカバー 激安これまでの液晶では、タップやスワイプ、スライドなどの操作をした。これがいわゆる従来までの2D操作で、さらに「押す」という立体的な操作体系が加わって「3D Touch」というわけだ。 6Plusケースシャネル 例えば、これまで自分撮りをしようと思ったら、「カメラのアイコンをタップして起動し、インカメラに切り替える」という操作が必要だった。ところがiPhone 6sなら、カメラアイコンをプレスして表示されるメニューから「セルフィーを撮る」を選べば良い。 6Plusケースシャネル書くと長いが、操作には1秒もかからず楽なことこの上ない。このように、アイコンを押して次の操作ができる機能は「クイックアクション」と呼ばれる。 Dior iphone6ケース また、メールの一覧で長押しすると、内容をちらっと見られる。そのまま読みたいなら、さらに強く押し込むと開ける。 iphone6sケースこの2段階の強さを感じて処理ができるのがすごいところだ。同様にURLを押すとリンク先がちらっと表示される。 シャネルマフラーこのちら見は「Peek」と呼ばれる機能で、住所から地図をちら見したり、写真や動画の一覧から内容をちょっと見ることもできる。さらに、3D Touch対応のゲームも登場予定で、普通にTouchすると機関銃を撃ち、強く打つとランチャーを利用といった新しい操作ができるようになるという。 iPhone6 シャネル 新機能の3D Touchでカメラも素早く使える 新機能の3D Touchでカメラも素早く使える 使って感じた意外な注意点とは 3D Touchは、非常に便利で、色々な機能を発見して使い慣れるほどに手放せなくなること間違いなし。 感動して使いまくっているのだが、機能が分かっていないとムダな操作を繰り返してしまう。 シャネルiphone6s plusケースホーム画面のアイコンを押し込んだところで、非対応だと便利なメニューは表示されない。「ククッ」という感触を感じて終わりだ。 ルイヴィトン マフラー 現時点では、純正アプリ以外は対応している物がほとんどない状態だ。しかし、数ヶ月後には、多くのアプリが対応してくるだろう。 iPhone 6ケースとはいえ、見た目では対応・非対応がわからないので、とりあえず押してみるという無駄な作業を繰り返すことになりそうだ。特に、たまに使うアプリでは、対応・非対応を覚えていられないから、とりあえず押してみるの繰り返しになりそうだ。 レイバン サングラス 意外に困るのが、「長押し」だ。アプリを削除(アンインストール)したり、フォルダーで整理する際には、これまでもアイコンを長押ししてきた。 iPhone6 シャネルところが、僕は知らないうちにプレスしていたようだ。周囲の人に聞いても同様で、画面に普通にタッチして、そのままキープすれば良いのだが、意外にできていない。 Michael Kors iPhone6 plusカバー 激安多くの人が力を入れて押し続けているのだ。アイコンが揺れて整理整頓や削除するるつもりが、iPhone 6sではプレスと判断されて面食らう。 アイフォン6シャネルおそらくこんな戸惑いが最初にやってくるのだが、慣れてしまえば快適に使えるようになるはずだ。